藤井叡王初防衛(2022年5月24日)

叡王戦とは

叡王戦は2017年からタイトル戦に昇格した、現在の行われているタイトル戦の中で、最も新しいタイトル戦です。2021年から不二家と将棋連盟の主催で行われています。
段位別予選、本戦トーナメント、タイトル戦7番勝負という形で行われます。
段位別予選はその名の通り、各段位別にトーナメント形式で戦います。持ち時間は各1時間で、タイトル戦の中では非常に短い持ち時間となっています。各段位毎に本戦トーナメントの進出者枠が決められており、進出者枠分のトーナメントに分かれて戦います。
本戦トーナメントは段位別予選通過者12名とシード棋士4名の計16名によるトーナメントで戦います。持ち時間は各3時間です。本戦トーナメント優勝者が挑戦者となります。
タイトル戦五番勝負は以前は持ち時間が変わる独特の方式をとっていしたが、現在は持ち時間4時間の戦いになります。先に3勝した方が叡王となります。

藤井七段のこれまでの成績
第3期四段戦トーナメント優勝、本戦トーナメント1回戦敗退
第4期七段戦トーナメント(Cブロック)優勝、本戦トーナメント1回戦敗退
第5期七段戦トーナメント(Aブロック)2回戦敗退
第6期八段戦トーナメント(Cブロック)優勝、本戦トーナメント優勝、タイトル奪取(3勝2敗)
第7期タイトル防衛(3勝0敗)
現在の状況

第7期叡王戦5番勝負は藤井叡王の3連勝で叡王のタイトル初防衛となりました。これまで叡王戦は防衛することができないタイトル戦というジンクスがありましたが、藤井叡王が見事に打ち破りました。出口若武挑戦者は悔しい3連敗となってしまい、対局後の大盤解説会でのあいさつでは、会場の方の暖かい拍手の前に号泣する場面もみられ、悔しさが伝わってきました。解説者の高見七段も叡王戦のタイトル防衛戦で永瀬王座に3連敗してしまい、泣き崩れてしまったシーンを思い出しました。藤井叡王は、これでタイトル戦は13連勝となり歴代2位の羽生九段にならびました。歴代一位は大山永世名人の17連勝だそうですが、来月開幕する永瀬挑戦者には最近の対局でも2回負けていますし、4連勝でタイトルを防衛し、大山永世名人に並ぶことはかなり難しいのではないかと思います。しかし、これまでも、不可能と思われたことを可能にしてきた藤井5冠ですから、あり得ない話ではないのかもしれません。頑張れ藤井5冠!

NO IMAGE

八冠制覇への道

八冠を制覇する事ができるのか?!

CTR IMG